前へ
次へ

虫歯予防の大切さとは

大人になっても、歯医者と聞くだけで行きたくないと思う方が多いのではないでしょうか。実際に歯医者での治療は、歯を削るなど麻酔を掛けてもらっても多少の違和感を伴うものが多いのも事実です。とは言っても、治療を恐れて虫歯を放置しておくのはもっと危険です。仮に神経まで到達するような深い虫歯ができてしまうと、飲み物を飲むだけでも激痛が走り、歯医者でも神経を抜くこれまた苦痛を伴う治療を受けなければなりません。これらは最悪の場合であって、普通の虫歯は早期に治療することで治ります。もちろん、虫歯になったら早めに歯医者に行くことも大切ですが、そうでなくても定期的に歯医者へ行くことが推奨されます。定期検診を受けていれば、虫歯になりかけている歯を早期に発見したり、自分では落としにくい汚れを落としてもらったりすることができます。言わずもがなではありますが、虫歯やその治療で痛い思いをしたくないのであれば、虫歯を予防することが一番効果的です。

Page Top